qq
  • 脂肪吸入

  • > 体形ㆍバスト整形 > 脂肪吸入
  • 腹部整形

  • 脂肪吸引だけなら肌が弛んでしまいます。なので腹部のたるみは脂肪を皮膚ごと切除しなければいけません。また、ほとんどの場合、下腹部の筋肉も弛んでしまい、腹部の筋肉を縫合して強化させ、縮ませなければなりません。手術を受けると一本の傷跡が残りますが、既存に切開した傷跡があった場合にはあまり問題になりませんし、ほとんどの傷跡も1年ほど経過すると薄くなります。それに、手術後に腹部のたるみやシワも一緒にケアできてハリもでるので、全般的な効果はとても良いです。高度肥満または年齢層の高い方にオススメです。
  • 手術方法

  • 下腿整形

  • すらりとした美脚ラインになりたい女性も多いですね。下腿に脂肪が多すぎたり、筋肉が発達しすぎた方など、個人に合わせて、それぞれの手術方法を選択することもできます。
  • 下腿の筋肉は主に内側腓腹筋、外側腓腹筋とヒラメ筋で構成されています。その中、内側腓腹筋が発達したら全体的な下腿の筋肉筋も発達します。また、外側腓腹筋が発達したら脚がよく腫れます。こんな状況で一般的に縮小又は損傷神経の修正で発達された下腿を整形します。
  • 選択的神経溶解術
  • 皮膚を切開せずに神経溶解薬物を注射して下腿の神経幹を遮断し、ふくらはぎの筋肉を退縮させます。遮断する神経だけ探すために神経分枝術を利用します。メスを使わずに施術するので傷跡もほぼ残らないし、発達された筋肉神経だけを遮断するので手術の後にも生活に影響を及びません。
  • 高周波神経切断術
  • 皮膚を切開せずに神経を遮断するのは同じですが、薬物を使わずに高周波を使って施術します。極細の針で1~2mmの小さな神経を遮断するので腫れと痛みが少ないですが、持続的な効果のためには2回くらい施術を受けなければなりません。
  • 中周波筋肉縮小術
  • 中周波切開術は筋肉が部分的に発達した場合に利用し、筋肉を縮ませる手術です。一般的に筋肉の内側と中部に適用されるし、神経幹遮断手術と同時に行ったときに効果が一番良いです。
  • ボトックス
  • メスを使った手術はしたくないなら、ボトックス注射を利用して筋肉を縮小するのもできます。痛みもなく、とても早く日常生活に回復できるのが特徴です。ボトックス注射の効果は6ヶ月から1年ですが、数回繰り返すと半永久的に持続できます。外側腓腹筋が発達した患者にも選択的に適用できます。
  • ヒップアップ整形

  • お尻に脂肪が少なさ過ぎると後姿が一気に老けて見えます。女性としての魅力をもっと目立たせる要素はヒップのラインです。ハリもなく弛んだヒップは手術を通じて女性らしく曲線を作ってくれるだけでなく、ヒップアップさせて脚長効果もあります。
  • プロテーゼ挿入と脂肪移植を通じたヒップアップ手術の2つの方法

  • プロテーゼ挿入法
  • 自分のお尻に合うサイズのプロテーゼを選択し、ヒップの谷の部分を切開して挿入する方法です。ヒップがぐっと引き上がってボリュームができると同時に、ウエストラインがきれいになり脚長効果があります。
  • 自家脂肪移植法
  • 自家脂肪移植法はヒップの形を大きく変化させる必要がない時利用し、垂れてハリのないお尻の下部の脂肪を上部や凹んだ部位に移植する方法です。全体的なヒップラインを整える手術で、プロテーゼ挿入より簡単です。
  • 整形前後