qq
  • タイプ別施術

  • > 二重まぶた·目もと > タイプ別施術
  • タイプ別施術

  • a. 一重まぶたで、まぶたの脂肪が少ない目
  • まぶたに脂肪が少ない場合は効果が高く、皮膚が薄いのでよく伸び、切開せずに行います。埋没法はメスを使わないので術後の腫れもわずかです。
  • b. 重まぶたで、 腫れぼったい目
  • 腫れぼったい目 は皮膚が厚い・脂肪が多い・筋肉の量などが原因で無愛想に見られがちです。
    埋没法で余分な脂肪を排除し、まぶたの皮膚と筋肉は切開法を行います。埋没法より複雑ではあるが自然な目を作れます。
  • c. 左右違う目
  • もう一方の目を整え、左右バランス良く見えるように仕上げます。眼瞼下垂または左右高さが違う場合は両目を同時に整えます。
  • d. 小さい目
  • 目の横立の幅が狭いととても目が小さく見えます。この場合は目頭と目尻切開を行います。目頭から上まぶたにかけてかぶさっている皮膚(蒙古ひだ)を切開すること(目頭切開)で、目の横幅を広げます。また目尻切開で二重まぶたを作った場合 1-2mm、より大きい目に作れます。目もと矯正術でより黒目がはっきりと強調されます。
  • e. 離れている目
  • 目頭切開で顔全体のバランスを大切にしながら目頭の間隔を狭めることで、より小顔に見える効果も期待できます。二重施術(切開法あるいは埋没法)と目もと矯正術でよりよい効果が得られます。
  • f. 吊り上った目
  • 吊り上った目は本人の意に反して、初対面の人に冷たい印象を与えてしまうことがあります。目尻切開で美しく優しい目もとになれます。 結膜を切らないいため、腫れもわずかで、施術痕も残らないです。垂れ目(パンダ目)形成を同時に行うと高い効果が得られます。
  • g. 目尻が下がった目
  • 目尻が下がると弱々しく見えてしまいます。目尻切開でパッチリとした大きな目になれます。
  • h. 眼球突出
  • まぶたの脂肪の量がすくないと目玉が飛び出したように見えます。施術時、脂肪は排除せず、また二重もあまり大きく作らない方が自然に見えます。
  • i. 眠たそうな目
  • 眠たそうな目は医学的に眼瞼下垂(がんけんかすい)といいます。主に先•後天的にまぶたを持ち上げる力が弱まり起こります。眼瞼下垂手術と二重まぶた手術、両方行うことが効果的です。
  • j. 二重線が重なってる目
  • 二重のキレイなラインだけを残すと自然に他の線はなくなります。まぶたに脂肪がなく、ぼんだ目は先天的か、あるいは加齢とともにまぶたの脂肪が減少したのが原因となります。この場合自分自身の脂肪で行う、脂肪注入法で若々しい目もとを手に入れることができます。
  • k. 逆さまつ毛
  • 逆さまつ毛は、放置しておくと眼球を傷つけたり、結膜炎、角膜炎の原因にもなります。 時には角膜を傷つけ視力低下を招く恐れも あります。 二重まぶたを形作るとまつ毛が上向きになり、逆さまつ毛の悩みも解消します。症状によって埋没法、または切開法施術をします。切開する場合は目の周りの筋肉と脂肪を除去し、糸で固定すると逆さまつ毛の悩みも解消します。
  • m. 男性の目もと整形
  • 男性の場合は比較的に自然で、傷跡が残らない手術法を選びます。
  • 整形前後