qq
  • 二重まぶた再施術

  • > 二重まぶた·目もと > 二重まぶた再施術
  • 修正が必要な方

  • 埋没法の修正
  • 医師とのカウンセリングで埋没法または切開法を選択します。より大きい二重を希望する場合は埋没法で行った糸を抜いて修正します。
  • 二重のラインがハッキリしていない場合
  • 二重手術後、ラインがあいまいなのは目を開ける力が弱いかそのラインに頼って目を開ける場合です。
  • 左右二重の大きさが違う場合
  • 手術後、左右二重の大きさが違う場合は1~2ヶ月間様子を見て、3~6ヶ月経っても改善されないのであれば修正を考えるのもよいでしょう。
  • 二重の大きさの不満
  • 二重を大きく作るのは比較的簡単ですが、小さく修正するのは医者の実力によります。
  • 二重の幅をもっと広げたい場合

  • 一重から二重にする場合、いかにも整形っぽい目になるのが不安で二重の幅を狭くする場合があります。
    しかし時間が経つにつれ、もう少し幅の広い大きな二重への修正を希望します。この場合、埋没法を使います。
  • 二重の幅を狭くしたい場合

  • 組織の損傷が比較的小さく、目を開ける力が正常範囲であれば二重の幅を狭くする修正をしても傷跡はあまり目立ちません。しかし一回切開したラインから下の位置に新たにメスを入れ、二重を作る場合は傷跡が少し残る可能性があります。また回復にも約1~2ヶ月ほどかかります。
  • 時間が経っても腫れが取れない場合
  • 二重の幅が広く、傷跡が目立ってまた、二重のラインの下の腫れがひどく眠たそうに見られる場合再手術が必要になります。
  • 眠たそうに見られる場合
  • 目を開く力が弱い方が二重にすると症状がひどくなる場合があります。
    一般的に埋没法で修正し、メイクの時にアイラインを入れると改善できます。または目もと矯正術で黒目をはっきり見せるようにするとパッチリと明るい目もとになります。
  • 整形前後