qq
  • Slim fit V型 エラ骨整形術

  • > 輪郭整形術 > Slim fit V型 エラ骨整形術
  • V methodを利用したVライン整形術(下顎骨体輪郭術)
  • 顎の位置、幅、そして長さが適当な場合に使用。
  • 耳の下の下顎角からあごの先端までをしなやかな曲線になるようにし、皮質切骨術も一緒に行う手術で、フェイスラインをシャープでマイルドな曲線に作って、あごの先端の長さと前後の位置が適当になればより効果的です。
  • I methodを利用したVライン整形術(I字型切骨術)
  • あごの先端をI字に切って、両あごを合わせる手術。
  • この手術はあごの長さは適当だが、側面の面積が広い顔型に合います。広くて厚いあごを切って、正面でシャープに作る方法です。
  • T methodを利用したVライン整形術(T字型切骨術)
  • あごの真ん中の骨をT字に切って、両側の骨をあわせて固定する手術方法。
  • T切骨を通じてあごの先端の幅と長さはもちろん、前後方の移動まで望むほど調節できます。
    なのであごが広くて長い場合、前後の位置も合わない場合にもフェイスラインの割合を合わせ、マイルドなフェイスラインに変化できるし、あごの軟部組織が厚い場合にも適します。
  • 手術方法

  • 整形前後