qq
  • 再手術

  • > 鼻 > 再手術
  • いつ修正手術を受けるのか

  • 傷跡と鼻の状態を考慮して修正手術の時期を決定します。
    一般的に手術の6ヵ月後、皮膚組織が回復された後、修正手術をし、プロテーゼの曲がり・歪み又は鼻先と鼻穴の非対称の場合には、2週以内に発見したら簡単な施術で矯正できます。
  • 修正手術が必要な症状と方法

  • プロテーゼが歪んでいる場合
  • また切開してプロテーゼを入れて、鼻筋の傾斜面を整えて矯正します。ほとんどの人も鼻は少しずつ歪んでいます。症状が軽微な方は無理に手術する必要はありません。
  • 鼻筋が高すぎたり低すぎる場合
  • 側面から見たとき、鼻の根元とまぶたの高さが同じになっているのが一番理想的な鼻筋の高さです。鼻筋が高すぎる場合、プロテーゼを低くし、鼻筋が低すぎる場合にはもっと高いプロテーゼに入れ替えます。
    プロテーゼのサイズは必ず肌の厚さを考慮して、肌が薄い場合にはプロテーゼをあまり高くしない方がいいです。
  • プロテーゼが動く場合
  • プロテーゼを肌の下に入れた場合、骨膜の下に入れなければ、プロテーゼが動く場合があります。
    こんな時にはプロテーゼを骨膜の下に入れ替えたら矯正できます。
  • プロテーゼが透けて見える場合
  • プロテーゼが透けて見えたり肌が赤くなった場合、肌が薄すぎたりプロテーゼに過敏反応があるからです。こんな時には元のプロテーゼを抜いて、自家組織移植の方法で行います。
  • 手術の後、炎症が起こった場合
  • 鼻の手術の後、炎症が起こると組織が硬くなる場合があります。ですので初期にプロテーゼを除去して消炎治療を受けなければならないです。こんな時には真皮脂肪や胸の軟骨などの自家脂肪移植をオススメします。
  • 鼻の修正手術、現代美学整形外科の秘訣は胸の軟骨と地肌筋膜

  • 胸の軟骨(肋軟骨)を利用
  • 鼻中隔軟骨と耳介軟骨が残っていなし場合

  • 炎症が続いて発生する場合

  • 炎症で鼻筋が反り返り、上を向いている場合

  • 鼻の構造の変形がひどく、軟部組織が足りない

  • 肌が赤くなったり、軟部組織が足りない

  • 炎症後の鼻の手術

  • 地肌筋膜を利用
  • 鼻筋の肌が薄すぎる場合

  • 鼻先の肌が薄すぎる場合

  • プロテーゼャ軟骨が透けて見える場合

  • 鼻尖が縮まったり、変形された場合

  • 整形前後